TOP_UNDER WAVE+AP+txt-909.png

● 商品のカラー・仕様等は、予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
● 弊社商品は輸入品のため、為替の大幅な変動があった場合は価格が変更されることがありますのでご了承ください。

お知らせ

2016年度、取扱商品価格改定のご案内

  • 2016年4月1日より、当社取扱い商品の価格が改定され ています。
  • 2016年度のカタログと価格表は、ダウンロードページからご覧いただけます。

取扱いブランド


SWD Logo(LL)_bk.png
SHWD_DOOR_03.png


世界最高水準のレギュレーター シャーウッド スクーバ SHERWOOD SCUBA         

 シャーウッドの歴史はスクーバダイビングの歴史よりずっと古く、1923年に医療用、産業用の精密バルブとガス供給器の製造から始まりました。
 シャーウッドは米国内でも大規模な複合企業となり、大手LPガス関連会社、医療用器具メーカー、NASAや航空機製造に関わる企業などで構成され、軍用機や旅客機の与圧装置、呼吸器、脱出用シュートのバルブ製造から工業用、医療用高圧容器、呼吸器、家庭用ガスのバルブに至るまで様々なバルブの製造に携わっています。
 ダイビング用のレギュレーターとタンクバルブは、1955年から スタートし、当初はOEM商品を主に生産し、1972年には、SHERWOOD SELPAC として自社ブランド製品の生産、販売を開始しました。
 現在、シャーウッドのダイビング器材はシャーウッドグループの一員であるクレイマーデッカー社がウォータースポーツ部門で製造、販売を行っております。クレイマーデッカー社では、他にAKONA、MERETなどのブランドも扱っています。

詳しく見るBLIZZARD-01_OL.png08_6923.pngSHWD_G_navi_4722.pngZOD20 Zodiac Quarter 2_SOL.pngSHWD Mouth.P.png



zeagle_door-R.png
ZGL_SAR-comp 02-2*.png



パーソナルフィットシステムのバックマウントBC ジーグル ZEAGLE                

 ジーグル社は Mr.Dennis Bulin によって1979年にパラシュートメーカーとして設立されました。スカイダイビングとスクーバダイビングに精通していたDennisはパラシュートハーネスのデザインと機能からヒントを得て1984年に、ジーグルBCの原型となったアルファBCを考案し、ダイビング業界に進出します。
 高い安全性と機能性、操作性を要求されるBCはまさにパラシュートと共通しており、ジーグルBCの特長であるバックマウントの形状は、パラシュート設計のノウハウから生まれたものです。
 アルファBCは水中で理想的なバランスを実現し、アイデアマンのDennisは調整可能なショルダーベルトをはじめ、ソフトハーネス、ベルトのいらないウェイトシステム、どんな体型にもフィット可能なパーソナルフィットシステムなど次々と世界に先駆けて造り出しました。
 斬新なアイデアが満載されたジーグルBCは、シンプルで耐久性に優れ汎用性の高さから作業、救難、軍用、テックダイビングと用途が広がり世界各国でその性能を如何なく発揮しています。
詳しく見る




O.S.S LOGO.png
OSS door ONLY.png



ファブリックドライスーツ オー・エス・システム O.S.SYSTEMS                  

 ファブリックドライスーツの先駆O.S.SYSTEMSは、マリンスポーツの盛んなアメリカ・オレゴン州のポートランド近郊に本社があります。1983年にドライスーツの専門メーカーとしてスタートし、ダイビングをはじめ水上スキー、ボードセイリング、カヤック用などのドライスーツを製造し、沿岸警備隊(USコーストガード)、消防、警察のレスキュー隊にも正式採用された実績を誇っています。
 日本では1986年にエイピイシステムズにより販売が開始され、ネオプレーンドライスーツの中に、ファブリックドライスーツの新しい流れを作り出しました。その後、機能面やデザイン面の改良を重ねて1989年秋、世界に先駆けて、ひとりで着脱のできるファスナーを体の前面に備えた画期的な、フロントエントリースーツを世に送り出しました。
 エイピイシステムズでは日本のマーケットのために、デザイン、カラー、サイズにいたるまで、すべて日本仕様のドライスーツの開発をO.S.SYSTEMSに依頼し、1990年に日本だけのオリジナルドライスーツの販売が実現しました。
 O.S.SYSTEMSファブリックドライスーツは、着脱の容易さに加え汗を体外に排出し、防水性の高い、新しい透湿性素材の採用や縫製技術の改良により、機動性や長時間にわたる作業を要求される救難活動、水面での作業、船舶用のサバイバルスーツなど、レジャーダイビングやマリンスポーツ以外の用途にも広がりをみせています。
 2010年、新しい透湿性素材を使用した救難用、業務用に使用できるサーフェスウォータードライスーツの販売を開始しました。
詳しく見る

MERET LOGO BL.pngMERET LOGO FIRE.png
EMS PRO ALL.png

エマージェンシー・バッグ メレット E.M.S. BAGS・ MERET                       

メレット救命救急バッグは救急医療や救難・救急の先進国 アメリカで開発され救命救急用に特化した医療用資機材収納専用バッグです。このためメレットバッグは、災害・事故現場において、素早く安全に救助、救出作業が行えるよう細部にわたり使い易い工夫がされています。
アメリカでは、現在、ドクターヘリ、消防、警察のレスキューチームなどで幅広く採用されています。
メレット救命救急バッグは、使用目的別にさまざまな形状や大きさのレスポンスバッグを用意しております。さらに、通常の救命救急用のEMSをネイビーブルー、消防用にファイアレッド、警察、軍用にタクティカルブラックとカラーによっても識別しやすくなっています。

詳しく見るM4001 Full.png



AKONA door logo-2.png
2012AKONA-02.png



ダイビングバッグ アコーナ AKONA                                 

 エイピイシステムズでは、シャーウッド、ジーグル、OSシステムズ、ペリカンの4社ブランドに加え、安全潜水のために、エイピイシステムズのポリシーに沿ったより良い商品を探し求め、それを独自にアレンジして販売しております。
 2008年には、新しいブランドAKONAが加わりました。
AKONAはアメリカ・カリフォルニア州にあるメーカーで、ダイビング軽器材、ウェットスーツ、ダイビングアクセサリー、ギアバッグ等を製造しており、その中でバッグ類の製造が主力になっています。
 ユニークなカエルのアイコンをトレードマークとしたAKONAは比較的新しいメーカーですが、ダイビング経験豊富なスタッフが多く、耐久性の高い、実用的な商品を作り出し、アメリカ本国では現在マーケットを拡大しています。
 エイピイシステムズでは主力のバッグ類のテスト販売を2年間行い、商品の品質やユーザーの反響など時間をかけて調査をし、2008年からダイビングバッグの販売に踏み切りました。
 2010年は、バッグの商品ラインの充実を図り、ダイビング以外にアウトドアや日常生活でも使用できる実用性の高いバッグの取扱いを開始しました。
詳しく見る



PELICAN.png
PELIDOOR_military_044.png
PELI FIire-0930.png


防水ハードケース・防水ライト ペリカンプロダクツ PELICAN PRODUCTS           

 ペリカンプロダクツ社は1975年、Mr. DAVID PARKERによって創設されました。当初は古いガレージを使った、たったひとりの会社でした。彼は小さいころからの夢だったダイビングを趣味として続けていて、それをビジネスに広げようと考え、ダイビング関連のアクセサリーを作り始めたのです。
 最初の商品はペリカンフロートでした。これを地方のダイビングショップに売り始め、それを機に次々とアクセサリーを作りだしました。この中で水中ライトと防水ケースが米軍の特殊部隊、海軍、産業関係の企業の目にとまり、一気に事業を拡大することとなったのです。
 水中ライトや防水ハードケースはその抜群の実用性と耐久性で、現在では産業用をはじめ、軍、警察、消防などのシェアを大きく占めており、ダイビング、アウトドア、カメラ業界での需要も大きく伸ばしています。
 また、ライトは、アメリカのみならずヨーロッパ各国の産業・防災関連のいくつもの安全基準の認定を得ていて、世界規模で販売を拡大中です。
 2008年には、防水ハードケースの一方の雄、ストームケースの製造会社であったHARDIGG社を傘下におさめ、この分野において強力な体制をつくりあげました。
 現在、従来のPELICAN CASE に加え、PELICAN-HARDIGG、PELICAN-STORM CASEとして商品ラインを揃え、軍関係への販売をさらに強化しています。

詳しく見るlight_4000y.pngi1015_open_phone_low.png1510LOC_open2_low.pngFD3121_low.png

ページTOP